ワードプレステーマ 初心者にオススメ 【6選】

ブログ

ワードプレスでブログを運営するのに、「テーマ」というものを使用します。

ちょっとややこしいのですが、ここでいうテーマとはブログのコンセプトやカテゴリー・ジャンルとは別のものになります。

この記事の「テーマ」とは、ブログを表示するためのテンプレートのことです。

ワードプレスをインストールすると、そのまま使えるものが初めから用意されているので、それをそのまま使うのもいいのですが、他にもいろいろなテーマがあるので、紹介していきたいと思います。

この記事では、ワードプレスで使用する「テーマ」を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

テーマとは

ワードプレスで使用する「テーマ」とは、ブログで表示するデザインや書きやすさをカスタマイズできるテンプレートを指します。

ブログ記事のコンセプトであるテーマとは違うので、混乱しないようにしてください。

ブログのコンセプトは一般的に「ジャンル」という言い方で表現されます。

この「テーマ」を使用することで、コードやプログラミングが不要になるので、専門的な知識がなくてもブログを運営することができます。

ブログを始めて、いくつか記事を書いてからテーマを変更すると、大変な手間がかかる場合があるので、テーマを決めてから始めるとその手間がかからずにすみます。

「テーマ」で重要になってくる要素を下記にまとめてみました。

  1. サイトの見た目・レイアウト
  2. 困った時の対処方法
  3. SEO対策・レスポンシブ対策
  4. 機能・使いやすさ・カスタマイズのしやすさ

1・サイトの見た目ですが、重要度が高くなります。

最初にサイトが表示されたときに、見やすいサイトと見づらいサイトでは、見やすいサイトの方がいいですよね。

各テーマで大きな差が出ます。

2・困った時の対処法は、テーマの公式のサイトにあります。

それに加えて、使用している人が多いテーマほど解決策が見つけやすくなります。

問題が起きたときに、似たようなケースでの問題の対策を書いている記事があるので、ググったときに解決方法が探しやすくなります。

3・SEO対策・レスポンシブ対策は重要です。

SEOでは、サイトの表示スピードは肝になる部分なので、そこも考慮した方がいいでしょう。

レスポンシブ対策とは、パソコン・タブレット・スマホの画面に合わせて表示してくれる機能です。

今はスマホでの閲覧が多いので、これはほとんど対応しています。

4・機能・使いやすさ・カスタマイズのしやすさは、実際に使ってみないとわからない部分もあるので、テーマの公式ページで確認してください。

この記事の最後に、ブログのデザインをまとめたサイトのリンクを貼っておきますのでそちらも参考にしてみてください。

ワードプレスは世界中で使われているため、海外のテーマもあるのですが、マニュアルが英語になってしまうので、この記事では日本語限定で見ていこうと思います。

有料と無料のものがあり、それぞれに特徴があります。

その中から、オススメのものを紹介していきます。

SWELL

価格:17,600円

フルワイド機能があり、画面いっぱいに画像が表示できたり、アイキャッチにユーチューブ動画を使うこともできます。

記事数にもよりますが、テーマの引っ越しを行うとかなりの手間がかかるのですが、SWELL では専用のプラグインを使用して、一時的にデザイン崩れを防いでくれる機能があります。

これを利用すると、時間をかけてリライトできるので、ゆっくり対応できます。

とあるデータによると、表示スピードは1番早いという結果もあるそうです。

購入後のサポートも、開発者自らフォーラムに参加することもあり、ユーザー間でのコミュニティもあります。

SWELL 公式ページ

AFFINGER6

価格:14,800円

収益化に向いていることを売りにしているテーマ。

お店や会社、特化ブログなどに向いています。

やりたいカスタマイズは、ほぼ可能です。

できることが多すぎて、初心者だと慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、慣れてきたときには大きな力を発揮すると思います。

マニュアルは購入者限定になっています。

AFFINGER6公式ページ

JIN

価格:14,800円

アフィリエイトに向いているテーマ。

サイトの表示を、「着せ替え機能」で簡単に変えられる機能があり、YouTubeで「ヒトデさん」が設定方法を解説しています。

初心者にもわかりやすく、フォーラムサイトやオンラインコミュニティもあり、質問などができます。

インストールの仕方からカスタマイズのやり方まで、公式のHPにマニュアルがあります。

個人のブロガーに向いている印象です。

JIN公式ページ

SANGO

価格:11,000円

他のテーマから比べると、価格が安くなっているのは嬉しいところ。

サイトの表示は、優しい雰囲気を感じさせます。

見出しやボタン・ボックスの種類が多く揃っています。

他のテーマに比べ、カスタマイズのパターンが少ないようです。

とはいえ、優しい感じのサイトが作れるので、好きな人は多そうです。

レンタルサーバーの「ConoHa WING」とのコラボしていて、ConoHa WINGとセットで利用すると、安くなる特典があります。

SANGO公式ページ

THE THOR

価格:16,280円

金額は少し高めですがデザインや機能が充実していて、カスタマイズが簡単なのでデザインで悩むことは少なくなると思います。

プロが作ったデザインを「デザイン着せ替え機能」でそのまま使える機能があります。

レスポンシブ対応に力を入れていて、スマホ時代にマッチしていると言えるでしょう。

初心者でも扱いやすくなっています。

THE THOR公式

COCOON

価格:無料

このサイトはこの「COCOON」を使用しています。

カスタマイズの種類も多く、さらに扱いやすくて機能としては充実しています。

無料なのにかなり優秀だと思います。

無料のテーマなので、マニュアルは誰でも閲覧可能。

フォーラムもあり、COCOONを使っていない人でも登録が可能です。

デザインはシンプルなので、ブログは「記事が主役」という考え方の人に向いています。

COCOON公式

まとめ

ここまで見てどうでしょうか。

6つのテーマだけでも、意外と迷ってしまいますよね。

下記の一覧表をでもわかるように、SEO対策やレスポンシブ対策は全てで対応しています。

購入後のサポートには、違いがありますね。

購入前に、利用規約の確認も忘れずに行ってください。

テーマSWELLAFINGERJINSANGOTHE THORCOCOON
価格¥17,600¥14,800¥14,800¥11,000¥16,280無料
SEO対策対応対応対応対応対応対応
レスポンシブ対応対応対応対応対応対応対応
サポートフォーラムサイト
オンライン
コミュニティ
購入者限定の
マニュアル
公式サイトの
マニュアル
フォーラムサイト
公式サイトの
マニュアル
購入者限定の
マニュアル
Q&Aマニュアル
会員フォーラム
公式サイトの
マニュアル
フォーラム
特徴買取型
制限がほぼない
カスタマイズの
豊富さ
デザインの
着せ替え機能
ConoHa WINGとコラボデザインの
着せ替え機能
無料なのに
高性能

テーマによって、表示できるデザインが違うのはもちろん、いろいろと趣向を凝らしているサイトも多くあります。

ブログデザインをまとめたサイトがありますので紹介します。

「しごとFUNクラブ」というサイトで、250以上のサイトのデザインをテーマごとにまとめていて、すごいボリュームの記事になっています。

このブログも紹介していただいております。

ブログのデザイン参考になると思いますので、一見の価値ありです!

ブログデザイン250事例│WordPressテーマ毎におしゃれなデザインを紹介
本記事では200事例以上のブログデザインを掲載しています。WordPressテーマ毎におしゃれなデザインを4つずつ厳選してご紹介。また別記事で他にも多くのデザインを見ることができます。ブログのデザインで悩んでいる方は是非参考にして下さい。

ブログのデザインは、PVなどにも影響が出るので納得できるテーマを選びましょう。

とはいえブログは記事が肝なので、デザインに凝りすぎて記事を後回しにしないように注意してください。

テーマ以外にも、有料ブログと無料ブログのことに関しては、別の記事でまとめてありますので気になる方は、こちらの記事も読んでみてください。

ブログってお金かかるの?【無料ブログ】【有料ブログ】の違い
ブログをやってみたいけどお金がかかるのかは気になるところ。そんな悩みを抱えた人のために書いてみました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました