ファビコン設定 WordPress初心者向け

ブログ

ファビコンと言われても、ピンとこない人もいるのではないでしょうか。

ワードプレスでは「サイトアイコン」とも呼ばれているので、こちらの方がわかりやすいかも知れませんね。

表示されるときは小さいですが、わりと大きな仕事をしてくれる縁の下の力持ち的な存在です。

この記事では、ファビコンの設定方法を説明していきます。

ファビコンの設定には画像が必要になりますので、まず自分のオリジナルの画像を用意してください。

スポンサーリンク

ファビコンて何?

ファビコン(Favicon)とは、Favorite.iconの略称です。

ブックマークした時にサイト名の横に表示されているアイコンのことです。

わかりやすくいうと、サイトやブログのロゴマークですね。

ブックマークが並んでいるときに、どのサイトかアイコンを見てパッと一目でわかりやすくなります。

スマホでのショートカットにも反映されます。

下の写真の、赤で囲んだ部分です。(写真は、cocoonのデフォルトのマークです。)

ファビコン

せっかく自分のブログを作ったのですから、ファビコンもオリジナルのものにしてみましょう。

設定は簡単ですので、ぜひトライしてみてください。

ファビコン設定方法

それでは設定方法です。

まず、ファビコンの画像を用意します。

512×512ピクセル以上の正方形が推奨です。

ダッシュボードの「外観」⇨「カスタマイズ」

ダッシュボードの「外観」から「カスタマイズ」をクリックしてください。

「サイト基本情報」をクリック

画面が変わったら、「サイト基本情報」をクリック。

サイトアイコンを選択

今度は、一番下の「サイトアイコンを選択」をクリックしましょう。

※青い四角の中の、512×512ピクセル以上の正方形が推奨のサイズとなります。

ファイルを選択

画像を選択の画面で、「ファイルを選択」をクリック。(アイキャッチを作る時と同じ要領です。)

使用したい画像をここに貼ってください。

画像を貼ると、メディアライブラリの画面に変わるので、画面右下の「選択」をクリックしてください。

画像を選択すると、画像の切り抜き画面になります。

画面右下の「画像切り抜き」をクリックしましょう。

公開をクリック

いよいよ最後これで最後です。

「サイト基本情報」の一番下の欄に、アイコンが設定されました。

画像に間違いがなければ、最後に「公開」をクリックして終了です。

公開後は、赤で囲んだところが変わっています。

以上で終了です。

まとめ

お疲れ様でした。

作業は、それほど難しくなかったと思います。

ファビコンにSEOの効果はありませんが、自分のサイトにあったファビコンの設定で、自分のサイトがブランド化できますよね。

ブラウザやブックマーク、スマホでショートカットのアイコンとしても表示されます。

読者に、「自分のサイトはここだよ」と印象に残りやすく、一度見た後で認識してもらいやすくなると思います。

設定することにデメリットはありませんので、設定しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました