【問い合わせフォーム】 Contact Form 7 【スパム対策】

ブログ

Contact Form 7を使った、問い合わせフォームからの迷惑メールが増えているようです。

私もこのサイトを作って、初めてのメールが全文英語で「あなたと和解していません」というような内容のメールでした。

怖いですね。

そのまま放置しているとさらに増えてくるようなので、対策をとりましょう。

簡単に設定できるので、やらない選択肢はないと思います。

Contact Form 7を有効化している場合に対しての対策となります。

スポンサーリンク

Googleのサービス〔reCAPTCHA〕

Contact Form 7は、問い合わせフォームが簡単に利設定できるプラグインなので、安心して使いたいですよね。

そこで対策として使用するのが、Googleの無料サービスの「reCAPTCHA」です。

スパムボットによる不正なフォーム送信を遮断してくれます。

利用するにはGoogleアカウントが必要になりますので、持っていない人はまずアカウントの作成を行いましょう。

reCAPTCHA V2は、「私はロボットではありません」や画像の選択などがあり、ユーザーの手間が一つ増えてしまうのですが、reCAPTCHA V3ではそれがないのでユーザにも優しい仕様となっています。

サイトキーとシークレットキーを取得

Googleアカウントの登録が済んだら、検索するか下記のリンクからreCAPTCHAのページへ。

https://www.google.com/recaptcha/about/

下の画面になったら、右上のボタン(赤で囲んである部分)で登録画面へいきましょう。

※画面は、日本語に翻訳した時の画面です。

次に下の写真の赤で囲んである部分を入力します。

設定内容

ラベル ⇨ ブログのタイトルなど、覚えやすい名前を入力。

reCAPTCHAタイプ ⇨ reCAPTCHA v3にチェック。

ドメイン ⇨ 設定したいサイトのドメインを入力。

オーナー ⇨ ログインしたGoogleのメールアドレスが表示されます。

reCAPTCHA利用条件に同意する ⇨ チェックを入れる。

アラートをオーナーに送信する ⇨ 最初からチェックが入っているのでそのまま。

入力が完了したら送信します。

これで、サイトキーとシークレットキーが取得できます。

この二つのキーは、両方使用しますのでコピーして控えておいてください。

Contact Form 7の設定する

次にワードプレス側の設定です。

ダッシュボードの「お問い合わせ」からインテグレーションをクリック。

その後、reCAPTCHAの「インテグレーションのセットアップ」をクリックします。

その後、先程の二つのキー「サイトキー」と「シークレットキー」を入力する画面になるので、

ここにペーストして、「変更を保存」ボタンをクリックします。

これで設定は終了です。

※画面は有効化されている画面ですが、手順はそのままで進めてください。

まとめ

これでスパムメールの設定は終了です。

設定も簡単ですので、ぜひ利用してみてください。

実際にこのサイトでも利用していますが、設定後には迷惑メールもありません。

対策がまだの人は、サイトを守る為にも対策してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました